ペニスに関しての手術とは

多くの男性が自分のペニスについての悩みを持っていることでしょう。
ただ、その内容は様々で、人によっては長さであり、太さに自信がないという人も多いです。
短小と呼ばれる状態に自信が持てないという人もいますが、包茎は特にその傾向が強くなります。
形や長さというのは生まれつきのものなので仕方がないと諦めている人がほとんどです。
しかし、その悩みを改善することはできます。
日本にはたくさんのクリニックがあり、手術をすることで悩みを自信に変えます。悩みの状態に合わせた治療が必要になりますが、多くの場合は長茎と呼ばれるものと、包茎を改善するものに分けることができます。
長茎は長くするためのもので、体内に埋もれている根元の部分を引き出すなどの方法で行われます。
伸びた分包皮が後退するため、包茎を改善することもできます。
先端にコラーゲンを注入することでより大きくするという治療もあります。
メスを使うことに抵抗を感じる人には、伸びた状態にして糸で固定するという治療もありますが効果は一時的です。
包茎手術の場合は、亀頭や根元の部分を切開することで傷跡を目立たない状態にする治療がメインで行われています。
状態によっても変わりますので、事前のカウンセリングが大切です。

コメントする

すべての欄は必須項目です。メールアドレスは公開されません。