ペニスの手術に関する事について

世の中の男性は、ペニスについて様々な悩みを抱えている人が数多く存在します。
その悩みは、仮性包茎であったり、真性包茎であったり、短小であったりと多様です。
それらの治療は手術をすることで可能となります。
ペニスの悩みは、大抵の場合は治療によって解決しますが、その治療法や費用、術後のことで不安を感じている男性も少なくありません。
では、治療するための手術はどのようなものなのでしょうか。
包茎手術はレーザーを使用します。
余分となる皮をレーザーで切除し、亀頭を出して包茎治療をします。
麻酔をかけますので、痛みを感じることはありません。
費用は10万円程度となっています。
日帰りが可能ですので、入院をする必要はありません。
術後は経過観察をし、常に清潔にしておくことを心掛けておけば大丈夫です。
ペニスを長くする手術の場合ですと、靱帯の一部をゆるめて体内に隠れていた海綿体を根元のほうから引き出して固定することで伸長していきます。
麻酔をかけますので、痛みを感じることはありません。
費用は30万円から40万円となっており、術後は約1ヶ月は性行為をせずマスターベーションでの性処理となります。
ペニスはこのようにして治療することが可能となっています。

コメントする

すべての欄は必須項目です。メールアドレスは公開されません。